グレートカンパニーレポート

【グレートカンパニーアワード 2017 社会貢献賞】
『伝統の中からの革新』を合い言葉に
事業も地域もともに成長させる老舗酒造

合資会社光武酒造場
酒類製造・販売/佐賀県鹿島市



グレートカンパニーアワード 2017
社会貢献賞


<受賞理由>

同社は佐賀県鹿島市の肥前浜宿に1688年(元禄元年)に創業し、地元では『光武学校』と呼ばれるほど杜氏を輩出している老舗酒造メーカーです。ピーク時に比べ3分の1に縮小する清酒業界にありながら、『伝統の中からの革新』というキャッチフレーズを掲げ、それを実践するように、日本初を含むいくつかの挑戦によって6年連続増収を続けています。行政と連携し、インバウンド対策として日本各地16団体まで発展した『酒蔵ツーリズムR 』を日本で初めて実施されました。また、商品開発や新規事業開拓にとどまらず、酒米生産者(農家)と共同し、米作りから酒造りまで一貫した企業運営をされた結果、酒蔵として日本初となる「六次産業化事業体」に認定されました。地元の肥前浜宿が2016年に日本ユネスコ協会連盟から『プロジェクト未来遺産』に認定されたことを機に『発酵文化の薫るまち』と称した街づくりの旗振り役もされています。自社の革新のみならず地域を先導する活動で永続的な地方創生に取り組まれている同社に『社会貢献賞』を贈らせていただきます。

合資会社光武酒造場

創業:1688年/設立:1955年
代表者:光武 博之
資本金:300万円
年間売上:16億2,000万円(グループ計)
従業員数:58名
本社所在地:佐賀県鹿島市浜町乙2421
電話:0954-62-3033
業務内容:清酒・焼酎・リキュールの製造・販売

URL:http://www.kinpa.jp/

一覧を見る

Pageのトップへ