グレートカンパニーレポート

事業継承を乗り越え、地域復興を牽引する酒造

世嬉の一酒造株式会社
酒類製造業/岩手県一関市

世嬉の一酒造株式会社


第3回特別賞 受賞


<受賞理由> 東北で酒の製造・販売と飲食を手がける同社の敷地には、大正時代から続く蔵があり、地元の観光名所の一つになっています。船井総合研究所出身で、近代的な経営を志向する現社長の佐藤航氏は、会社の資金繰りが苦しいにも関わらず、地元への貢献や、代々残してきた蔵の補修などに私財をなげうつような経営をされる父親である現会長の佐藤晄僖(こうき) 氏と、意見が対立し、1年半の間勘当されました。その間、経営者のための勉強会で改めて経営を学び、刺激を受けた航氏は、地域貢献や、地元に密着する経営の意義を再確認し、父親の経営方針を受け入れる決意をされました。

img_person016

現在では地元に愛されるお酒造り、レストラン作りに力を注ぐことで経営の建て直しを図られています。昨年は東日本大震災で蔵が壊れるなどさまざまな予期せぬトラブルがありながらも業績は好調であり、同業他社への支援も含めて東北の復興にも活躍しています。
社長である航氏の父の意思を汲み、近代的な経営と、昔ながらの地域密着経営を組み合わせることで業績を上げた手腕と親子の絆に「特別賞」を贈らせていただきました。

世嬉の一酒造株式会社 代表者

佐藤 航 氏

世嬉の一酒造株式会社

創業 1918年 資本金 8,800万円 従業員数 15名 
本社所在地 岩手県一関市田村町5-42 電話 0191-21-1144
業務内容 
酒製造・販売/飲食
(※会社概要は受賞当時のものです。)

URL:http://www.sekinoichi.co.jp/

一覧を見る

Pageのトップへ