グレートカンパニーレポート

【グレートカンパニーアワード2019 ユニークビジネスモデル賞】
ビッグデータの活用で高効率経営を実現
デジタル変革を推進する老舗食堂

有限会社ゑびや
飲食・土産物販売/三重県伊勢市

有限会社ゑびや

グレートカンパニーアワード 2019
ユニークビジネスモデル賞

有限会社ゑびや 代表取締役 小田島 春樹氏
有限会社ゑびや
代表取締役
小田島 春樹氏

<受賞理由>
同社は三重県、伊勢神宮の鳥居近くにある大正元年(1912年)創業の老舗の食堂と土産物を扱う会社です。かつては手ぎりの食券でオーダーをとる昔ながらの大衆食堂でしたが2012年から積極的にIT導入を進め、2016年にAIを活用した来客予測を開始したことで生産性を劇的に向上させました。過去2年分の「気象」「来客」「注文」のデータから1時間ごとの来客数やメニューを予測し、食材の使用量や業務オペレーションのマネジメント効率を上げ、売上を6年間で4倍超、営業利益を12倍と伸ばしています。廃棄ロスを7割削減し、原価を大幅に下げたことで、食材を値切ることなく買い付けできるようになり、メニューの質・単価も向上させています。一方で従業員の労働時間を削減し、年間休日120日と従業員の給与の増額を実現しています。また、これら店舗運営の仕組みは同業他社でも応用できるとして業界内にも展開しています。AI・ビッグデータを活用した合理的な意思決定による高効率経営の仕組みをつくった同社に『ユニークビジネスモデル賞』を贈らせていただきます。

有限会社ゑびや

創業:1912年/設立:1994年
代表者:小田島 春樹(おだじま はるき)
資本金:500万円
年間売上:4億8,000万円
従業員数:44名
本社所在地:三重県伊勢市宇治今在家町13
電話:0596-24-3494
URL:http://www.ise-ebiya.com/
業務内容: 食堂の経営、観光用お土産の製造・販売、システム開発・販売、デザイン開発・提案

URL:http://www.ise-ebiya.com/

一覧を見る

Pageのトップへ