グレートカンパニーレポート

【グレートカンパニーアワード2019 顧客感動賞】
金融機関の本業・本質を徹底的に追求し
地域の中小企業を全力で支える信用組合

広島市信用組合
信用組合/広島県広島市

広島市信用組合

グレートカンパニーアワード 2019
顧客感動賞

広島市信用組合 理事長 山本 明弘氏
広島市信用組合
理事長
山本 明弘氏

<受賞理由>
同組合は1952年に設立し、広島市に本店を構え、県西部および中央部を事業基盤としている地域信用組合です。近年、金融機関は環境の変化に晒される厳しい状況が続いたにもかかわらず、経常収益は16期連続増収、当期純利益も5期連続で増益と成長を続け、自己資本比率は国際基準の8%を上回る10.24%、不良債権比率も2.29%と低く、信用組合で唯一日本格付研究所から格付け「A(シングルエー)」を取得しています。『本来業務に特化し、地域に貢献する』という方針のもと、投資信託や生命保険等の金融商品の販売を一切行わず「預金」「融資」に特化し、定期的な組合員への訪問による関係構築をベースに、「融資決裁を3日以内のスピードで判断を下す」といった顧客に寄り添った対応が支持を得ています。その結果、金融機関がこぞって貸出先に悩むなか、預貸率が87.1%と高水準(信用組合平均54.8%)です。モットーである『地元のお金は地元で活かす』を実践し、顧客本位の経営を徹底する同組合に『顧客感動賞』を贈らせていただきます。

広島市信用組合

設立:1952年
代表者:山本 明弘(やまもと あきひろ)
出資金:200億1,114万円
年間売上:163億3,655万円
従業員数:376名
本社所在地:広島県広島市中区袋町3-17
電話:082-248-1171
URL:http://www.hiroshimashi.shinkumi.jp/
業務内容:金融機関

URL:http://www.hiroshimashi.shinkumi.jp/

一覧を見る

Pageのトップへ